Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Ruby/GTK+

ruby GTK+

一週間くらいRuby/TKで遊んでましたが、やっぱ見た目ダサくてちょっと。。。という感じが否めない。

のでもうちょっとかっこいいであろうRuby-GNOME2っていうのを試してみる。
GNOMEGNU Network Object Model Environmentの略でつまりデスクトップ環境、でそのツールキットがGTK+
今回はGTK+2(バージョン2)使います。


インストール(ubuntu9.10)
$ sudo apt-get install libgtk2-ruby1.8
終わり。


こちらチュートリアルを見ながらちょっと試してみる。

#!/usr/bin/ruby
require 'gtk2'

button = Gtk::Button.new("Hello World")
entry = Gtk::Entry.new
vbox = Gtk::VBox.new

button.signal_connect("clicked"){ 
  entry.set_text "Hello World"
}

window = Gtk::Window.new
window.signal_connect("delete_event"){ 
  Gtk.main_quit
}

window.border_width = 10
vbox.add(button)
vbox.add(entry)
window.add(vbox)
window.show_all

Gtk.main

こんな感じ。
やっぱRuby/Tkよりはかっこいい。
あと、コードの量という点ではRuby/Tkに軍配に上がりそうだけど、
使いやすさではこっちが上かも。