Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

nfs使えばよかったんだ。。。

Linux

リモートサーバで作業するとき,
Emacs厨な自分はいつもtramp+sshを使って作業してるのだけど
trampっていまいちなんです。。。普通に編集する分にはいいんだけど
例えばローカルとリモートの間でのファイルコピーとかおっそい。
あと接続が不安定になるとEmacs巻き込んで固まったり。。。


とは言え、まあそんくらいいっかーと思って許容してたんですが、
nfsつかえば良かったんですね。。。
ってわけで1分でできるnfsの設定

リモートサーバ側の設定

/etc/exportsに次の設定を書く。(デフォルトでは空っぽ)

#公開したい場所 アクセスを許すホスト パーミッション
/home/tototoshi local-client.com (rw)


nfsを再起動

service nfs restart

書き込みを許可しないときのパーミッションは(ro)

ローカルクライアントでの作業

 # mount -t nfs remote-host.com:/home/tototoshi /mount-point


リモートサーバのファイルをローカルの環境で扱えるので便利。
しかしなんで今まで思い浮かばなかったんだろうか。。。