Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

PHPのstrtotime()がなんだかすごい

PHPのstrtotime()関数は
英文形式の日付をいい感じにUnixタイムスタンプに変換してくれます。
最高にきもい便利です。


たとえば

<?php
echo strtotime("now"), "\n";
?>

これで現在のタイムスタンプが取得できます。
なんだかこれだけ見てもPHPのかほりがしますね。


一日後、一週間後のタイムスタンプがほしいなあ、ってときは

<?php
echo strtotime("+1 day"), "\n";
echo strtotime("+1 week"), "\n";
?>

これでいけます。


混ぜてもいけます。

<?php
echo strtotime("+1 week 2 days 4 hours 2 seconds"), "\n";
?>
<?php
echo strtotime("10 September 2000"), "\n";
?>

こういうのもOK。これはその日の0時のタイムスタンプを返します。


まあこのくらいならわかるけど、

<?php
echo strtotime("next Thursday"), "\n";
echo strtotime("last Monday"), "\n";
?>


ここまで来るとさすがって感じがしますね。


で、もしかしてできるんじゃね?って思って適当に

<?php
echo strtotime("today"), "\n";
echo strtotime("yesterday"), "\n";
echo strtotime("tomorrow"), "\n";
?>


ってやったらできました。


でも

<?php
echo strtotime("tommorrow"), "\n";
?>

スペルミスするとfalseが返ってくるので注意しましょう。