Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Specs2を試す(5)

Scala

Pending until fixed

一時的にテストを実行したくないときは pendingUntilFixed が使える。

// テスト1
import org.specs2._

class HelloWorldSpec2 extends Specification { def is =

  "This is a specification to check the 'Hello world' string"                 ^
                                                                              p^
  "The 'Hello world' string should"                                           ^
    "contain 11 characters"                                                   ! e1.pendingUntilFixed^
    "start with 'Hello'"                                                      ! e2^
    "end with 'world'"                                                        ! e3^
                                                                              end

  def e1 = "Hello world" must have size(10)
  def e2 = "Hello world" must startWith("Hello")
  def e3 = "Hello world" must endWith("world")
}

レポートにも 'pending' と出ます。

[info] The 'Hello world' string should
[info] * contain 11 characters Pending until fixed
[info] + start with 'Hello'
[info] + end with 'world'
[info]
[info] Total for specification HelloWorldSpec2
[info] Finished in 196 ms
[info] 3 examples, 0 failure (-1), 0 error, 1 pending (+1)

Auto-Examples

テストの description をそのままコードに置換えることができます。
DSLとかAPIの使いかたを示したいときに便利。

// テスト2
import org.specs2._

class AutoExampleSpec extends Specification { def is =

  "beNone checks if an element is None"                             ^
  { None must beNone }                                              ^
  { Some(1) must not be none }                                      ^end

}


レポートにはテストコードがそのまま出ます。

[info] beNone checks if an element is None
[info] + None must beNone
[info] + Some(1) must not be none
[info]


この機能を使う上で覚えておくべきこと

  • ソースファイルが src/test/scala 以下にあること。なおこのディレクトリは specs2.srcTestDir というプロパティで上書き可能。
  • ソースコードの展開は簡単なものしかできません。動的にやろうとしても多分コケる。
  • ブロックが複数行でも表示される。
  • うしろにさらに Fragment がつながっていればそれも表示される。
  • endはつけましょう。
  • パッケージとディレクトリ構造は合わせる。例えば package が com.myproj.homuhomu ならソースファイルは com/myproj/homuhomu に置く。
  • descFromExpectations を使う手もある。ちょっと出力変わるけど。レポートを出力するときのフラグの一つをいじっているっぽい。
// テスト3: descFromExpectations の例
import org.specs2._

class AutoExampleSpec extends Specification { def is =

  "beNone checks if an element is None"                             ^
  descFromExpectations                                              ^
  { None must beNone }                                              ^
  { Some(1) must not be none }                                      ^end

}
[info] beNone checks if an element is None
[info] + 'None' is None
[info] + 'Some(1)' is not None
[info]

Using the Example description

description は body の部分で使うことができます。

// テスト4
import org.specs2._

class UsingExampleSpec extends Specification { def is =


  "Using the Example description"     ^
  "おひょひょひょひょひょ"            ! {(s: String) => println(s); success }^
                                      end
}
> test
[info] Compiling 1 Scala source to /home/toshi/work/scala-specs2-example/target/scala-2.9.1.final/test-classes...
おひょひょひょひょひょ
[info] Using the Example description
[info] + おひょひょひょひょひょ
[info]