Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

scalikejdbc-config モジュールを作りました

Scala

scalikejdbc 使うときに、設定ファイル読んだりするのがめんどくさくなったので、typesafe-config を使って application.conf を読む処理をまとめました。
https://github.com/tototoshi/scalikejdbc-config
(中略)
scalikejdbc 本体に入れてもらいました。
https://github.com/seratch/scalikejdbc/tree/develop/scalikejdbc-config

インストール

libraryDependencies ++= Seq(
  "com.github.seratch" %% "scalikejdbc"        % "[1.4,)",
  "com.github.seratch" %% "scalikejdbc-config" % "[1.4,)"
)

使い方

src/main/resources/application.conf に設定を書きます。

db.default.url="jdbc:h2:mem:sample1"
db.default.driver="org.h2.Driver"
db.default.user="sa"
db.default.password="secret"

db.foo.url という設定なら DBs.setup('foo) でコネクションプールがセットアップされます。
db.default.url は特別(Play みたいに)扱いで、DBs.setup() で OK。
データベースを複数使うときは DBs.setupAll で一気にプールが準備できます。
あと、seraさんがいろいろ追加してくれたのでログとかプールの細かい設定もできますよ。

package org.example

import scalikejdbc._
import scalikejdbc.config._

object Main extends App {

  DBs.setup()

  DB readOnly { implicit session =>
    val one = SQL("SELECT 1 AS one").map(rs => rs.int("one")).single.apply()
    println(one)
  }

  DBs.close()

}