Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sbt-install 作った

Scala

https://github.com/tototoshi/sbt-install

sbt は manual install するのが好みなんですが、

あっ、このマシン sbt 入ってない

とか

あっ、sbt が古い

ってときに例の java -jar sbt-launch.jar するスクリプト書くのがいい加減めんどくさくなったので、インストールスクリプト作っときました。
0.12.x 系は launcher は共通なのでそんな必須でもないんですが、そうは言っても sbt ってすぐアップデートされちゃうし。。。

$ curl https://raw.github.com/tototoshi/sbt-install/master/sbt-install > ~/bin/sbt-install && chmod 0755 !#:3 

でインストールスクリプトをインストールできます。
そんで、

$ sbt-install 0.12.3

で sbt 0.12.3 をインストールできます。

プロジェクトによってはプロジェクトのリポジトリに sbt-launch.jar に入れてしまうこともあると思うので
-d でインストールするディレクトリを選べるようにしました。

$ sbt-install -d . 0.12.3


地味に便利だと思います。

sbt version manager みたいなのにしようかとか思ったけどすぐにそれはやりすぎだと思いました。