Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Play で Scalate を使う

Play Scala

play-scalate っていう名前のプラグインはいろんな人が書き散らかしてて github 検索するとボロボロ出てくるんですが、ついうっかり仲間に加わってしまいました。

https://github.com/tototoshi/play-scalate

build.sbt に設定すれば

libraryDependencies ++= Seq(
  "com.github.tototoshi" %% "play-scalate" % "0.1.0-SNAPSHOT",
  "org.scalatra.scalate" %% "scalate-core" % "1.7.0",
  "org.scala-lang" % "scala-compiler" % scalaVersion.value
)

unmanagedResourceDirectories in Compile += baseDirectory.value / "app" / "views"

こんな感じで使えます。

package controllers

import play.api._
import play.api.mvc._
import com.github.tototoshi.play2.scalate._

object Application extends Controller {

  def index = Action { implicit request =>
    Ok(Scalate.render("index.jade", Map("message" -> "hello")))
  }

}

ライブラリという形にして、SNAPSHOT を publish はしたけれど、そんな大したものではないのでいじりたければプロジェクト内にコピペして好きにいじってもらえばいいかなと思います。

Play で Scalate を使うときに気をつけることは、Dev モードで普通に動いてるのに Prod モードだと動かん!ってことにならないように、テンプレートファイルをファイルとしてではなくリソースとして読み込めってこどでしょうか。つまり、Play.api.current.getFile じゃなくて Play.api.current.resourceAsStream とか使おうってことです。Scalate はファイルを読み込むのを想定しているので、リソースを読み込むようにするのに一手間必要です。

Play ではリソースファイルは conf/ に置くことになってる(ちょっと気持ちわるい)ために app/views のファイルはリソースとして扱われないので、デプロイしたときにリソースが見つからん!というエラーも起きます。これを防ぐためにはテンプレートファイルは、app/views ではなく conf/views に置くか、conf 以下から app/viewsシンボリックリンクを...っていやまさか、

build.sbt で

unmanagedResourceDirectories in Compile += baseDirectory.value / "app" / "views"

とすれば良いです。