Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

play-json で snake_case な json を camelCase な case class にマッピングする

Play Scala

play-json を使えば json を case class にマッピングすることは簡単にできますが、json のキーがそのまま case class のフィールドに対応するため、snake_case な json API を case class にマッピングするためには、case class のフィールドも snake_case にする必要があります。Scala は camelCase にするのが主流ですから少し気持ち悪いですね。

snake_case な json を camelCase な case class にマッピングするためには、いつも使っている Json.format[T] のラッパーを作る必要があります。作りました。

tototoshi/play-json-naming · GitHub

build.sbt に

libraryDependencies += "com.github.tototoshi" %% "play-json-naming" % "0.1.0"

して使ってください。

使い方は、JsonNaming.snakecase を呼び出すだけの単機能ライブラリです。

import com.github.tototoshi.play.json.JsonNaming

case class Name(firstName: String, lastName: String)
case class User(id: Int, nameData: Name)

// Json.format[T] をラップする
implicit val nameFormat = JsonNaming.snakecase(Json.format[Name])
implicit val userFormat = JsonNaming.snakecase(Json.format[User])

val jsonString = """{"id":1,"name_data":{"first_name":"Toshiyuki","last_name":"Takahashi"}}"""

Json.parse(jsonString).validate[User]
Json.toJson(User(1, Name("Toshiyuki", "Takahashi")))

イメージとしては

          +---------------+
          |  json string  |
          +---------------+
                 ⇅  
          +---------------+
          |    JsValue    |
          +---------------+
                 ⇅  JsonNaming.snakecase
          +---------------+
          |    JsValue    |
          +---------------+
                 ⇅  
          +---------------+
          |  case class   |
          +---------------+

こんなかんじで、json の内部表現である JsValue に対して変換をかけています。

snake_case 以外にもよくある規則があれば取り込みますので pull-req ください。