Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

giter8 & sbt new

Scala sbt

最近はactivator newを使っている人が多いんだと思いますが、5年くらい前?はgiter8というツールが使われていました。 giter8は一時期Typesafe Stackにも含まれるほどだったんですが、なぜか見捨てられてしまいます。 その後皆さんご存知の通りactivator newに取って代わられ、開発も下火になり、知る人ぞ知るみたいな存在になってしまいましたが、少し前にpamflet、conscriptとともにfoundweekendsに拾われ、メンテナンスが継続されていくことになりました。

github.com

foundweekendsは@eed3si9nさんが作ったorganizationですが、@eed3si9nさんはsbtの開発者でもあります。そんなこんなでgiter8がsbtで使えるようになりました。sbt 0.13.13-RC1から new コマンドが追加されたのですが、 new コマンドはgiter8をサポートしています。

sbt 0.13.13-RC1のlauncherを使うとgiter8テンプレートからプロジェクトを作成することができます。

$ mkdir hello
$ cd hello
$ sbt new tototoshi/hello.g8 # https://github.com/tototoshi/hello.g8

さて、giter8を触ったことがない人も最近は多いと思うのでgiter8テンプレートの作り方も紹介しておこうと思います。 昔はレイアウトを作る少し面倒だったんですが、今はプロジェクト名の置換などの気の利いたことをしないのであればごく普通のリポジトリを作り、名前の最後に.g8とつけて終了です。

http://www.foundweekends.org/giter8/template.html#root+layout

activatorとの使い分けという疑問がわくかもしれませんが、activatorのアンインストールをすることで解決できます。最初からいらなかったんです。

$ bew uninstall --force typesafe-activator