Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

scala用のfixtureライブラリ作った

Scala

昔作ったscalikejdbcのfixtureプラグイン、これ別にPlayのプラグインにすることはなかったなーとちょっと思ってたんですが、最近実際困りはじめたので、Playに依存しないfixtureライブラリが欲しくなったので作りました。

https://github.com/tototoshi/scala-fixture

依存しているライブラリはないので、SlickのプロジェクトでもScalikejdbcのプロジェクトでも使えます。

インストールは

libraryDependencies += "com.github.tototoshi" %% "scala-fixture" % "0.1.0"

使い方はscalikejdbc-fixtureとだいたい同じ。Ups, Downs と書いてたのが、SetUp,TearDownで動くようにしてます。(念のため?Ups, Downsでも動くようにしてます)

#!SetUp
INSERT INTO users(id, name) VALUES (1, 'user1');
#!TearDown
DELETE FROM users WHERE id = 1;

あと、1000件くらいINSERTしてやるぜ!ランダムなデータ突っ込むぜ!みたいなときのためにScalaのコードでもかけるようにしました。

import java.sql.Connection
import com.github.tototoshi.fixture.FixtureScript

class MyFixtureScript extends FixtureScript {

  override def setUp(connection: Connection): Unit = {
    connection.prepareStatement("insert into users(id, name) values (3, 'user3')").execute()
  }

  override def tearDown(connection: Connection): Unit = {
    connection.prepareStatement("delete from users where id = 3").execute()
  }

}

テストコードはこんなかんじになります。 beforeでsetUp, afterでtearDownすると良いでしょう。 詳しくはREADMEを読んでください。

import org.scalatest.{ BeforeAndAfter, FunSuite }
import com.github.tototoshi.fixture._

class FixtureTest extends FunSuite with BeforeAndAfter {

  val driver = "org.h2.Driver"
  val url = "jdbc:h2:mem:test;DB_CLOSE_DELAY=-1"
  val username = "sa"
  val password = ""

  val fixture = Fixture(driver, url, username, password)
    .scriptLocation("db/fixtures/default")
    .scriptPackage("com.example.fixtures")
    .scripts(Seq("script1.sql", "script2.sql", "MyFixtureScript"))

  before {
    fixture.setUp()
  }

  after {
    fixture.tearDown()
  }

  test("load fixtures") {
    // write tests
  }

}