Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MoinMoin で Markdown (Github Flavored Markdown) を使う

Markdown のメモ帳として kobito を使っていたんだけど Qiita に新規投稿ができないし、過去の投稿は編集できるけど取得はできない(つまり書いた記事がいつのまにか巻き戻されている)という状態に頻繁になるので使うのをやめました。なんなんだ、嫌がらせか。

いい加減あきれたので Qiita で書いていたもののうち、非公開にしているものを自分で管理している MoinMoin Wiki に記事を移行することにしました。公開しているものはこのブログに持ってくることにします。

さて、Qiita は Markdown で、MoinMoin は独自記法なので単純に考えると変換を書ける必要がある、と思いきや実はそんな必要はない。MoinMoin の parser はプラガブルになっていて自分で追加ができるので自分で Markdown パーサーを書いてやれば OK。 MoinMoin の公式の Wiki には Python の Markdown ライブラリを用いた方法が紹介されています。

しかし使ってみたら Qiita は Github Flavored Markdown (の亜種?)なのでコードブロックなどが Markdown ライブラリだとうまくレンダリングできませんでした。Github Flavored Markdown を扱えるライブラリを探していたら dart-lang の人たちがなぜか python で実装している py-gfm というのを教えてもらいました。

というわけでまず py-gfm をインストールします。

$ git clone https://github.com/dart-lang/py-gfm.git
$ cd py-gfm
$ python setup.py install

これで Markdown ライブラリで GFM 拡張が使えるようになるので、これを使って GFM プラグインを書きます。

# coding: utf-8
from markdown import markdown
import json

Dependencies = ['user']

class Parser:

    def __init__(self, raw, request, **kw):
        self.raw = raw
        self.request = request

    def format(self, formatter):
        output_html = markdown(self.raw, extensions=['gfm'])
        try:
            self.request.write(formatter.rawHTML(output_html))
        except:
            self.request.write(formatter.escapedText(output_html))

すごくテキトーですが、これで GFM プラグインの完成です。簡単ですね。 text_markdown.py という名前で MoinMoin の plugin/parser ディレクトリに入れてあげましょう。

2015/02/10 追記

原因は追ってないけど最近 py-gfm が動作しなくなったので Markdown の extension を組み合わせてほぼ GFM っぽい感じにしてます。これだけで十分かも。なにか互換性壊れたのかなー。

# coding: utf-8
from markdown import markdown
import json

Dependencies = ['user']

class Parser:

    def __init__(self, raw, request, **kw):
        self.raw = raw
        self.request = request

    def format(self, formatter):
        output_html = markdown(
            self.raw,
            extensions=[
                'markdown.extensions.fenced_code',
                'markdown.extensions.toc',
                'markdown.extensions.codehilite',
                'markdown.extensions.wikilinks',
                'markdown.extensions.tables',
                'markdown.extensions.def_list',
                'markdown.extensions.nl2br',
                'markdown.extensions.headerid',
                ])
        try:
            self.request.write(formatter.rawHTML(output_html))
        except:
            self.request.write(formatter.escapedText(output_html))

Markdown で Wiki エントリを追加する

markdown で Wiki にエントリを追加したいときは、書き出しを

#format text_markdown
(空行)

にすれば Markdown として解釈してくれるようになります。

これでレンダリングが崩れることはなくなりましたが、CSS が当たっていません。 CSS はどこに追加するのが流儀なんでしょうか。よくわからないので本体の common.csshttps://github.com/johnmdonahue/git_marked から拝借したのを突っ込んでしまいました。

.c{color:#998;font-style:italic;}
.err{color:#a61717;background-color:#e3d2d2;}
.k{font-weight:bold;}
.o{font-weight:bold;}
.cm{color:#998;font-style:italic;}
.cp{color:#999;font-weight:bold;}
.c1{color:#998;font-style:italic;}
.cs{color:#999;font-weight:bold;font-style:italic;}
.gd{color:#000;background-color:#fdd;}
.gd .x{color:#000;background-color:#faa;}
.ge{font-style:italic;}
.gr{color:#a00;}
.gh{color:#999;}
.gi{color:#000;background-color:#dfd;}
.gi .x{color:#000;background-color:#afa;}
.go{color:#888;}
.gp{color:#555;}
.gs{font-weight:bold;}
.gu{color:#800080;font-weight:bold;}
.gt{color:#a00;}
.kc{font-weight:bold;}
.kd{font-weight:bold;}
.kn{font-weight:bold;}
.kp{font-weight:bold;}
.kr{font-weight:bold;}
.kt{color:#458;font-weight:bold;}
.m{color:#099;}
.s{color:#d14;}
.na{color:#008080;}
.nb{color:#0086B3;}
.nc{color:#458;font-weight:bold;}
.no{color:#008080;}
.ni{color:#800080;}
.ne{color:#900;font-weight:bold;}
.nf{color:#900;font-weight:bold;}
.nn{color:#555;}
.nt{color:#000080;}
.nv{color:#008080;}
.ow{font-weight:bold;}
.w{color:#bbb;}
.mf{color:#099;}
.mh{color:#099;}
.mi{color:#099;}
.mo{color:#099;}
.sb{color:#d14;}
.sc{color:#d14;}
.sd{color:#d14;}
.s2{color:#d14;}
.se{color:#d14;}
.sh{color:#d14;}
.si{color:#d14;}
.sx{color:#d14;}
.sr{color:#009926;}
.s1{color:#d14;}
.ss{color:#990073;}
.bp{color:#999;}
.vc{color:#008080;}
.vg{color:#008080;}
.vi{color:#008080;}
.il{color:#099;}

やっつけ感すごいですが、とりあえずこれで MoinMoin で Github Flavored Markdown が使えるようになりました。めでたし。

f:id:tototoshi:20140514022146p:plain